ホーム
/
スタッフブログ

スタッフを選択すると、そのスタッフのブログのみ表示します

阿部 足立 堂岡 藤原 萩原
長谷川 平井 平尾 稲垣颯人
石山 岩隈 柏木 川原叶 森口
中田 中山 西川 西崎 岡田
温川 大里 下江 杉田 田所
竹中 田村 種井 谷口 谷口志優
寺田 坪山 上田ひかり 植野 和田
薮田 山口 山本 山本亮 矢野
吉田  

2018/01/30

こんばんは、種井です。

こんばんは
イズホーム本店営業課 種井です。

一月ももう終わりですね....
現場もちょっとずつではあります始まってきています。

年始から去年とは違うことをたくさん経験し学習していると感じます。
今年は、設備機器より造作工事に着目していきたいです。

壁の作り方や床上げの方法、造作工事にはいろいろなやり方があるので
いろんなパターンを覚えてより対応力を着けていきたいですね。

今年に入ってから、壁の撤去、作成、見切の仕方を学びました。
どれも去年思っていたより簡単なことでした。
またできることが増えて建築が楽しくなってきました。

今年は、より楽しんで仕事ができるよう経験を積んでいきたいです。
遅くなりましたが今年の【抱負】でした。

 

2017/11/30

机の上の話。

こんにちは、イズホーム 建築部2課 種井です。

今日は、机の上の話をします。

みなさん机の上はしっかり整理整頓していますか?
机がごちゃごちゃしていると頭がこんがらがってきますよね。
何から手をつけようか分からなくなっていきます。
片付けようにもどれが処分していいものなのか、いけないものなのか
分からなくなる始末です。

その現象が今、僕の机の上で起こっているわけです、、、(笑)
この問題を解消したい!

っということで、今回は、机の上が綺麗な人と汚い人の特徴を調べてみました。

まずは、机が綺麗な人の特徴から。
机が綺麗な人は、周りからの印象がよく、社会的秩序を守る傾向が強いみたいです。
その結果、チームの和を乱さないタイプのようです。

一方、机が汚い人の特徴は、
『自己愛が強い』傾向にあるみたいです。
自分のことは一生懸命ですが、周りをあまり気にしていないようです。
その結果、隣の人の机に物がはみ出してしまう『領域侵犯』を犯してしまうケース
が多いようです。
しかも、周りからも『ずぼら』などの印象を受けてしまうようです。
人間関係もうまくいかなかったりもするようです。

ズタボロに言われてしまいましたねぇ(笑)
しかし、このままでは、僕には明るい未来が無いと思われるのでやらねば!!

次回、「もうずぼらなんていわせない」です。
お楽しみに。

イズホーム 種井でした。



 

2017/11/15

久しぶりに伊勢に行ってきました。

こんにちは、イズホーム 建築部2課 種井です。

11月上旬に、私の故郷の伊勢に行ってきました。

伊勢といえばみなさん思い浮かぶのが、伊勢神宮ですよね。
今日は伊勢神宮の手前にある、おはらい町の伊勢うどんについて書きたいと思います。
伊勢うどんはコシが無くて、うどんとしてはどうなの?って言われることが多いです。
しかし、伊勢うどんは歴史ある食べ物だっと言うことを三重県民としては知っていただきたいです。

浦田町橋本屋七代目である小倉小兵がお蔭参りの参詣客へと供するためにうどん屋を開業したのが、
伊勢のうどん屋の最初と言われています。
すぐに参拝客に提供できるように常に茹で続け、必要量を釜揚げしていたため、茹で時間を気にしなくて良いうどんが適していた様です。
他に、神宮へ長旅をしてきて疲労がたまっている人向けの食事として江戸時代に開発された料理であり、消化が良くなるように麺が柔らかいという特徴を持つようになったのではないかという説もあります。

また、汁がないのですぐに食べ終わることができることから、
お伊勢参りで混み合う客を次々さばくのにも適したメニューともなっています。
昔の人達も回転率を考えていたなんてびっくりしますよね。

お伊勢参りに訪れた際に食していただけると、昔、お伊勢参りをした人の体験が出来ます。
しかしながら、すごく柔らかくて、もちもちしていて、一般的なうどんとはかけ離れた食感を持っています。ですので、博多うどんのように、柔らかいうどんが好まれる地域の人には受け入れられやすいのですが、讃岐うどん、五島うどんのような「コシが大事」という考え方の人はあまり好きではない様です。

好き嫌いがかなり分かれる食べ物ですが、みなさん是非食べてみて下さい!!

これにて、種井のうどんブログ終わらせていただきます。

最後に、一言

リフォーム・リノベーションの相談は是非イズホームで!!


 

2017/10/31

おすすめ給湯器メーカーの紹介

こんばんは、イズホーム 種井です。


【リンナイ】
家庭用ガスコンロ、給湯器など、ガス製品の開発・製造会社。キャッチフレーズは一時期いくつか制定されていたものの、その後は長らく制定されていなかったが、創業90年目に入った2009年(平成21年)9月1日に「暮らしにいい感じ、はじまる。」を制定した。

【パロマ】
主にガスコンロ、湯沸器、ガス暖房装置などを製造する金属製品メーカー。本社は愛知県名古屋市瑞穂区にある。

社是として「誠意と努力」「創意と工夫」「総力の結集」「責任の自覚」の4つを掲げている。

なお、企業理念・キャッチフレーズが長らく設定されていなかったが、後述する湯沸器死亡事故以降は「お客様品質へ、全力で。」を全面に掲げている。また創業100周年となった2011年からは「温もりある明日のために。」が、2013年からは「ガスの温もりを、かたちに。」のキャッチフレーズが用いられている。同じ名古屋市に本社を置く同業他社のリンナイが競合関係である。

企業理念については「パロマは、製品の開発・製造・販売・サービス活動を通じて製品をお使いいただくお客様の安全、安心で快適な生活の向上にお役に立てる企業たることを志し、その精神を企業としての社会貢献の根幹とし、健全なる企業を目指します。」を掲げている。



【リンナイとパロマの関係】
リンナイはかつては技術志向のメーカーと言われた。それは特に世界初となるセラミック素材使用の遠赤外線バーナー「シュバンク」に代表される。また家庭用では従来平均的なサンマ2匹がやっととされていたガステーブルのグリルを3匹まで収容可能とした「ジャンボグリル」(現在はそれ以上の収容力が一般的である)、後の家電メーカーによるオーブンレンジに先駆けて、ガスとマイクロウェーブ加熱を併用する「電子コンベック」(コンビネーションレンジ)など、独創的かつ高い技術力を背景とした製品開発を行ってきた。
リンナイとパロマは同じ愛知の企業、パロマの創業の方が先ということもあり、長くリンナイにとってパロマはライバルというより追いつくべき目標であった。1980年代中頃まで、リンナイは積極的な営業にはそれほど注力しておらず、販売店任せの傾向があった。しかしながら、その技術志向は同じく技術屋志向が高いLPガス供給事業者の従業員によって評価され、徐々にパロマとの差を縮めて行った。


ガスコンロ・給湯器のことならイズホームへ!!

2017/10/17

Living&Design 2017に行ってきました!!

こんにちは、こんばんは イズホーム建築部2課 種井です。

みなさん、寒くなってきましたが如何お過ごしでしょうか。

まだ、十月なのに私は、布団が恋しくてついつい2度寝をしてしまいます。
起きるのが辛い季節がやってきますね。

さて、本題に入らせていただきます。

 先週の水曜日に、いつものように先輩(和田さん)に、同行をしていたのですが
この日は、とても興味深い場所に連れて行って頂きました。

それがこちらです。

はい、10/11.12.13に南港のATCホールで開催されていました、Living&Design 2017です。
この赤色のエントランスが目を惹きますね!! 

こちらのエントランスには、Good Design賞の投票も行なわれていました。
こちらにはすごく画期的な商品が置いてありました。

それが、、汚い話になるのですが、『うんこ漢字ドリル』という商品です。
みなさんご存知ですか?

みなさん、小学生の頃経験したことあるのではないでしょうか。
漢字ドリル、算数ドリル・・・ドリルというドリルを嫌いになったことが、、、

しかし、この漢字ドリルすごいんです!
漢字の例文がすごく面白いんです。すべての例文が『うんこ』にまつわる物で構成されています。
これなら、小学生は喜んで漢字を書くに違いありません。そして、例文のインパクトが強い分漢字の
学習効率も高いのではないかと思います。
退屈な勉強の中にユーモアを取り入れることで、勉強に対する意識が良い方向に変わっていく良い教材だなぁと
思いました。

さて、Living&Design 2017では、暮らしの中に映えるデザインの商品の展示がズラリと並べられていました。
この商品すごいなぁと感心しながら歩き回っていたので写真はありません。(笑) 
撮っておけばよかったと後悔しています、、、

今回は、私が印象に残っているものについて書いていきたいと思います。

私がいいなぁと思ったものは、ガレージです。
このガレージもただのガレージではなく、『乗り物とつながるくらし』をテーマにしたブースです。

ガレージの中には、バイク・ロードバイクなどが置かれており、これらが趣味の方にとってはたまらない空間になっていると思います。しかも、ガレージの中心には、小窓のある小さくて狭い部屋があり、そこから自分の好きなバイクや車・自転車を眺めながら作業をしたり、ゆっくりしたりできる様になっています。お父さんの隠れ家的な雰囲気のある空間でした。
乗り物が趣味で、狭いところが好きな方はかなり落ち着けると思います。

趣味と生活がつながると毎日わくわく出来ますよね。
そうすることで平凡な日々に活気が出ること間違いなしですね。

こんなガレージ私も欲しいです。

最後に、南港ということで海も見てきました。

久しぶりに海を見ました。
天気も良くて気持ち良かったです。

良き一日でした。  種井